1. ホーム >
  2. 物理セキュリティ対策 >
  3. 入退室管理システム

物理セキュリティ対策

■入退室管理システムのメリット

①外部の人間の侵入を防ぐことができる


入退室する際に、ICカードやパスワードによる認証が必要なため、関係のない人の侵入ができなくなります。

②機密情報の漏えいを防ぐことができる



入退室管理システムを用いて、機密情報を扱う区画や部屋を設定することで、必要な人のみが機密情報に触れられる環境を作ることができます。

③入退室を監視・記録できる



誰が、いつ、どの部屋に入室し、退室したのか全て記録することができます。必要な場合は、過去に遡って記録を確認することができます。

■入退室管理システムを選ぶポイント

①出入口の数を確認する

何箇所に機器を設置するかを検討しましょう。設置場所としては、執務エリアと共有部分の間やサーバルームの前等があります。
必要な場所と、会社の規模を考慮し、必要な設置個数を検討しましょう。

②認証方法を検討する

どんな方法でゲートを制御するかを検討しましょう。方法は様々です。テンキー操作やカード認証、指紋認証等があります。
メーカーによって異なるので、しっかり検討しましょう。

③入退室の履歴管理の有無を検討する

入退室の履歴を取る必要があるかを検討しましょう。サーバルーム等の重要場所に出入りする場合は、必然的に必要になります。

情報セキュリティ対策セミナー お申込みはこちら お問い合わせはこちらから